青葉区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(青葉区)―

藤村 真美 院長/マアク皮膚科(江田駅・皮膚科)の院長紹介ページ

藤村 真美 院長

MAMI FUJIMURA

患者さんが納得して治療を受けられるよう
わかりやすく、丁寧な説明を心がける

帝京大学医学部を卒業後、皮膚科を専門に研鑽を積む。総合病院に在籍して経験を重ねるほか、海外留学を経験。皮膚科専門医ならではのスキルをもって、「江田駅」そばに開業。

藤村 真美 院長

藤村 真美 院長

マアク皮膚科

青葉区/あざみ野南/江田駅

  • ●皮膚科
  • ●美容皮膚科
  • ●アレルギー科

少女時代に出会った女医さんをきっかけに、医師を志すように

藤村 真美 院長

私の父は昔ながらの寡黙で丁寧かつ的確な診療をする医師で尊敬していますし、医療が身近な環境で育ちました。しかし、私が医師を目指したのは自分が子どものころに病院にかかると歯科でも耳鼻科でも、病状や治療の説明を医師が親にしているなか、小児科の女医さんが私の目を見てわかりやすく真摯に説明をしてくれたことがとても嬉しかったのですよ。それが医師への道に進む大きな決め手になりました。そして医学部に進学し、さまざまな科で勉強をしているなかで、皮膚科の先生が「疾患は生きている人間のなかの生きている細胞がもたらしている現象なんだよ、それを理解して診療に励みなさい」と教えてくださったのです。その教えに心うたれて、その先生についていきたいと思い皮膚科を専門にしました。その言葉は医師になった今でも忘れられないです。

病気のことをご理解いただけるよう、わかりやすい説明を心がける

藤村 真美 院長

この土地に開業したのは、横浜総合病院に勤務しているときから田園都市線のあざみ野駅周辺を散歩する機会があり、美しい自然に囲まれていながらも洗練された住宅街でお年寄りからお子さままで、さまざまな年齢層の方々が生活している地域で魅力を感じていたからです。そんな長年憧れていた土地にクリニックをオープンできてとても嬉しいです。開業して間もないですが、老若男女問わず近隣の方々に来ていただいてとてもありがたいことです。コンセプトは『患者さまにわかりやすく説明し納得していただける医療をお届けする』ことを主眼に置いて日々診療にあたっています。たとえば、塗り薬を処方する際にも医師が正しい薬の塗り方を丁寧に説明し、患者さまがそれを理解していただくことが大切で、薬の塗りかたや効果をわからずに漫然と薬を塗っていると、ときには効果が半減してしまうこともあるのです。それを踏まえて、どの年代の患者さまにも疾患の内容や治療の方針をどうしたら理解してもらえるか、と試行錯誤して自分の得意分野でもある手書きのイラスト入りの説明書を作ったり、診察室にホワイトボードを置いてその場で絵を書いてご説明したりしています。診察室のレイアウトもひと工夫し、患者さまと対面し目を見てお話できるように、そして患者さまとじっくりと向き合えるようにしています。診察で患者さまのお顔を拝見してご不安に思っているのか、それともなかなか治らなくて焦燥感を感じているのか、などの心のコンディションも汲み取りたいです。

海外生活で経験してきたことを、日々の診療にもいかしたい

藤村 真美 院長

私の夫はドイツ人で外交官でしたのでいろいろな国へ帯同する機会があり、その中で最も印象深かった国はインドネシアです。インドネシアでは、ご縁に恵まれ邦人専用のJ-クリニックの設立に携わり、インドネシアの医療の現実を知ることができました。風土の違いから日本で珍しい寄生虫症や、日本だと診断に至らないような疾患、またデング熱が蔓延していて、病院にもかかれない貧困地帯では尊い命を落とされる方もたくさんいました。そのような現実を目の当たりにし、さらにバリ島でテロがあった際には、さまざまな惨状も目にして自分の人生観も大きく変わりました。日本は恵まれていることも再認識しましたので、ちょっとしたことで思い悩んだり悔いを感じたり、不満を口にするのはやめよう、と強く考えるようになりました。そのようなインドネシアでの経験は私の人生の糧にもなっていますので、それを日々の診療に生かしたいと思っています。

どなたにも優しい環境を整え、幅広いニーズに対応する

当クリニックでは一般的な皮膚疾患の治療からCO2レーザーやプラセンタ注射、シミの外用薬の処方などもさせていただいていますが、まずは治療方針や専門的な内容をよりわかりやすく説明しますので、そのうえで私の話を咀嚼していただき、納得をしてご自身の意思で決定されて治療をしていただくようにしています。私は医師という立場で白衣を着ているぶん、聞きづらいこともあると思いますし病態によって複雑な説明を要するときは、意図的に看護師と2人なる時間を設け私に聞き忘れていたこと、わからないことを看護師に聞いていただければと思います。そのために、看護師とも密に連携を取り患者さまの疑問点を気軽に晴らせる環境を整えるようにしています。またスタッフの多くは結婚していますので主婦目線・ママ目線を忘れずにクリニック全体を捉えてもらい、ときにはお子さまとスタッフがキッズスペースで遊ぶこともあるのですよ。お母さまやお子さまが安心して診察を受けられるようにクリニック全体で気配りと笑顔を届けてくれるので本当にありがたいことです。私自身もお子さまと同じ目線で、お子さまにも出来得る限り理解してもらえるような説明をしようと思っています。そして、少しでも患者さまご自身の病態が理解しやすくなるように、ダーモスコピーも自身で吟味し納得のいくものを入れたことによって、モニターを患者さまと見ながら動画で皮膚の状態をより的確にわかりやすく説明ができます。

これから受診される患者さんへ

患者さまに安心していただくために何でもわからないことは聞いていただきたいですし、そのための努力は惜しまない姿勢です。診療所なのですが、皆さんに構えずにお越しいただきたいので、クリニックをオープンするにあたって夫がいつも言っていた「日本のクリニックはどこもクリニック然としているんだね、時々圧迫感を感じることがあるよ」という言葉を思い出し、それならば誰かのお宅に気楽にお邪魔する感覚で来ていただけたらとクラシカルなヨーロッパ建築をイメージした内装にしてあります。クリニックの雰囲気を含めて患者さまが、色々なことをお話しやすい環境を整えてお待ちしております。当クリニックはあざみ野駅か江田駅よりバスでお越しいただくか、車でいらっしゃるさいには、広々としたパーキングも完備していますので、ぜひお気軽に足をのばしてください。

※上記記事は2017年6月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

藤村 真美 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:なにかを創ること・刺繍・絵画など
  • 好きな本・愛読書 :ギリシャ神話
  • 好きな映画:サウンド・オブ・ミュージック
  • 好きな言葉・座右の銘:一期一会・笑う門には福来り
  • 好きな音楽・アーティスト:マルーンファイヴ(子どもたちの影響で洋楽を聴く機会が多いです)
  • 好きな場所・観光地:バリ島

グラフで見る『藤村 真美 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート